≫ 【体験談】ドール所有者109人に聞いたラブドールの魅力と欠点

ラブドールの値段はどれぐらい?価格帯別の特徴を初心者にも分かりやすく教えます!

ラブドール値段
sexymalena
  • ラブドールの値段の相場を知りたい
  • 安いラブドールはどれぐらいで買えるのか知りたい
  • 高級ラブドールはどれぐらいするのか知りたい
  • 価格帯による違いや特徴を知りたい

当記事では、このような疑問やお悩みにお答えします。

ラブドールを購入するにあたって、もっとも気にするポイントとして挙げられるのが”値段”でしょう。


ラブドールは、国産メーカーと海外メーカーでは値段が2倍以上違います。(※一部例外あり)

  • 国産メーカー・・・平均66万円
  • 海外メーカー・・・平均25万円

このように国産メーカーの方が高いことが歴然としています。

ラブドールは価格帯によって作りや構造、素材などが大きく異なります。



当記事では、ラブドールの価格帯別にその価格帯の特徴やメーカーの紹介をします。

当記事を読むことで、あなたに適したラブドールの価格帯を理解することができて、ラブドールの購入の手助けになるかと思います。

エロ仙人

当サイト『ラブドールの教科書』はラブドールマニアが、ラブドール入門者からベテランに向けて情報発信している”国内最大級のラブドール情報サイト”です。

ラブドールに関するお役立ち・お得情報など網羅的に発信しています!

エロ仙人をフォローする

価格が5万円以下のラブドール

5万円以下で買える新品ラブドールの形状として挙げられるのが、「トルソー型」もしくは「ミニラブドール」です。

または中古品を購入するという手もあります。


5万円以下で買えるラブドールの3つの特徴
  • トルソー型
  • 65cm ミニラブドール
  • 中古品


エロ仙人
エロ仙人

5万円以下で買えるラブドールに関しては『ラブドールを5万円以下で買えちゃう5つの方法をこっそり教えます』という記事内でより詳しく紹介しています!

トルソー型

トルソー型とは、手足を除いた胴体だけのラブドール(オナホ)のことを指します。


そのトルソーには2種類あります。

  1. 顔なしトルソー(大型オナホール)
  2. 顔ありトルソー(リアルドール)


顔がない方のトルソーは通称「大型オナホール」と呼ばれています。


「それはラブドールじゃねーよ」というツッコミが飛んできそうですが、顔なしトルソー(大型オナホール)はコスパ最強のおすすめ商品なので少しだけ紹介させて頂きます!

顔なしトルソー|大型オナホール

ミラクルエンジェルボディ あや

まずは「顔なしトルソー」を紹介します。


顔が付いていない分、ラブドールと比べてリアリティーに欠けます。


しかし、値段が平均2〜3万円とコスパ最強です。


重量もしっかりあるので、激しいピストンも可能です。


エロ仙人
エロ仙人

目的がエッチだけの人は検討してみてはいかがでしょうか。



大型オナホールに関しては『おすすめ大型オナホール35選!【元アダルトショップ店員が厳選!】』で詳しく紹介しています。大型オナホールの選び方からおすすめ商品の紹介まで網羅的に述べています。

顔つきトルソー|リアルドール

kanadoll torso
Kanadoll『真琴 80cm トルソー型ラブドール』

続いて「顔つきトルソー」を紹介します。


これは正真正銘のリアルドールです。手足がないことを除けば、かなりリアルな作りで我々を興奮させてくれます。


エロ仙人
エロ仙人

Kanadollで探せば5万円以下のトルソーが見つかります!


【参考記事】Kanadollは安全なの?口コミ・評判を徹底調査!【クーポン付】


ラブドールのトルソーに関して詳しく知りたい方は『話題のトルソー(半身)ラブドールの魅力とは?長所や短所を紹介!』を参考にしてください。


トルソーの特徴からトルソーの購入先まで詳しく紹介しています!

65cm ミニラブドール

5万円以下で買うなら、65cmのミニラブドールを買うという手段もあります。

100cm以上だと、ほとんど5万円以上になりますので狙い目が65cmのミニラブドールです。


65cmのミニラブドールはセックスできるの?


結論、65cmのミニラブドールでもセックスはできます!


しかし、注意点として挙げられるのが、”穴は一つ”という点です。

つまり、おまんこはありますが、お尻の穴やお口は使えないのでその点は注意しましょう。


ちなみに65cmのミニラブドールは「ホール一体型*です。


(※ホール一体型とは、ホールと体が一体となっており、ホールを取り外すことができないタイプです。)

【参考記事】ラブドールのホールの一体型と着脱(分離)式の違いとは?


エロ仙人
エロ仙人

ホール一体型は清掃が大変なのでは?」という懸念もあるかと思いますが、その心配は必要ありません。


重さはわずか2.5kgなので、片手で簡単に掃除ができちゃいます。


ミニラブドールの特徴
  • 値段が安い(5万円以下)
  • 関節が動かせる(ボールジョイント)
  • 掃除が簡単(片手で掃除可能)
  • 収納しやすい(簡単に隠せる)
  • とても軽い(わずか2.5kg)

65cmのミニラブドールが買えるのは六野(6Ye)製

65cmのミニラブドールが買えるのは六野(6Ye)製

65cmのミニラブドールは六野(6Ye)というラブドールメーカーが製造しています。

六野(6Ye)を買うならJP.SEXYSEXDOLLがおすすめです。

エロ仙人
エロ仙人

六野(6Ye)から認められた正規販売店なので安心です


Amazonでも販売されていますが、偽物の可能性がかなり高いのでおすすめはできません。

【参考記事】Amazon(アマゾン)でラブドールを買うのをオススメしない3つの理由



JP.SEXYSEXDOLLでは9種類*のミニラブドールが販売されていたので、興味があればチェックして見てください!

(*2022年10月16日現在)



>>当サイト限定クーポン配布中<<

JP.SEXYSEXDOLLでは当サイト限定のクーポン
erosennin】を購入前に入力すれば5%割引に!

※有効期限は1か月なのでお早めに!

当サイト限定クーポンコード:【erosennin

クーポンを使って5%割引でお得に購入!


【参考記事】JP.SEXYSEXDOLLの評判は?注意点なども徹底解説!

中古品

ラブドールには実は中古品も販売されています。

中古ですと5万円以下で通常サイズのラブドールを購入することができます。

エロ仙人
エロ仙人

過去に他人が利用していたということに、そこまで抵抗がなければおすすめです。


中古品の場合は価格に見合った商品かどうかなどの商品の見極めが必要です。なので、ラブドールを初めて購入する初心者に中古品はあまりおすすめできません。



また、中古品はオークション形式の販売もされていますので、さらに格安でお宝商品を購入することができます。


中古品はこのような人におすすめ
  • 高級ブランドのラブドールを安く買いたい
  • 他人が使っていた物でも抵抗はない
  • ラブドールは何度も買っていてラブドールの知識が豊富

中古品が買える販売サイト

レイシア

中古品が購入できる販売サイトは下記の2サイトです。


レイシアさんは中古ラブドールを多く取り扱っている他、ラブドールの買取・処分も承っているサイトです。

キャッチミードールさんは通常の中古品販売だけではなく、値付けが難しく市場にあまり出回ら
ない激レアラブドールや関連グッズ、ジャンク品などをオークション形式で販売しています。


オークションサイトといえば「ヤフオク」ですが、ヤフオクでは規約が厳しくなり中古ラブドールの取引ができなくなりました。



中古品のラブドールを購入したい方はこちらの記事を参考にしてみてください。レイシア、キャッチミードールに関する中古品を販売している通販サイトについて詳しく述べています。



【参考記事】ラブドールの中古を購入するならドコ?中古の注意点と特徴も!

価格が10万円前後のラブドール

続いて10万円前後で買えるラブドールを紹介します。

冒頭でも言いましたが金額が安いので、10万円前後で買えるのは海外メーカーがほとんどです。

エロ仙人
エロ仙人

「TPEしかない」「骨格の作りが良くない」などのデメリットもあるので注意しましょう。


TPEドールは視線移動の精度の低さや、口の開閉機能がないなど、シリコンドールにはあってもTPEドールにはないという特徴がいくつかあるので、その点は事前に知っておく必要があります。


詳しくは下記の記事を参考にしてください。

【参考記事】ラブドールのシリコン製とTPE製の違いとは?【素材比較】


10万円前後で買えるラブドールの3つの特徴
  • 海外メーカーがほとんど
  • 素材はTPEしかない
  • 骨格があまりよくない(耐久性が低い)


10万円前後で買えるラブドールメーカー(TPE製)
  • AXBDOLL
  • JY
  • SM
  • WM
  • WM欧米
  • HRDOLL
  • Dollhouse168
  • Piperdoll


【参考記事】ラブドールメーカー完全比較!【一覧表付き】

10万円前後で買えるおすすめラブドール

10万円前後で買えるおすすめのラブドールを2つ紹介します。

エリカ  WM製100cm Dカップ 

エリカ  WM製100cm Dカップ 

 WM製100cmのエリカです。

10万円を超えてくると、100cm超えのドールは買えます。

ブランドWM
肌の色淡黄褐色
素材TPE
身長100cm
胸のサイズDカップ

ルナ 六野(6YE)105cm Hカップ

ルナ 六野(6YE)105cm Hカップ

真っ白なお肌に爆乳Hカップです。

こちらの商品はルナ 六野(6YE)のTPE製です。

ブランド六野(6YE)
肌の色白色
素材TPE
身長105cm
胸のサイズHカップ


上記の2つのラブドールは、どれもJP.SEXYSEXDOLLで買えます。当サイト限定クーポンコードを使えば5%オフで購入できるので、良ければ利用してください。

>>当サイト限定クーポン配布中<<

JP.SEXYSEXDOLLでは当サイト限定のクーポン
erosennin】を購入前に入力すれば5%割引に!

※有効期限は1か月なのでお早めに!

当サイト限定クーポンコード:【erosennin

クーポンを使って5%割引でお得に購入!

【参考記事】JP.SEXYSEXDOLLの評判は?注意点なども徹底解説!

価格が25万円前後のラブドール

続いて25万円前後のラブドールです。

これぐらいの価格帯のラブドールを購入する方が一番多いかと思います。いわゆるミドルクラスと呼ばれるやつです。

ミドルクラスになるとフルシリコンのドールが購入できます!


エロ仙人
エロ仙人

シリコンが欲しいという方は、この価格帯以上から検討してみてください。


25万円前後で買えるラブドールの3つの特徴
  • フルシリコンが買える
  • メイクが細かく、濃い
  • 関節が頑丈


この価格帯からシリコンが買えるというのが大きな違いだと思います。TPEとは大きく性能が異なるので、TPEとシリコンの違いを知りたい方は別記事を参考にしてください。


【参考記事】ラブドールのシリコン製とTPE製の違いとは?【素材比較】


25万円前後で買えるラブドールメーカー(フルシリコン製)
  • XY colo
  • SinoDoll
  • Sanhuidoll
  • WaxDOll
  • PiperDoll
  • SilikoDoll
  • DS


【参考記事】ラブドールメーカー完全比較!【一覧表付き】

25万円前後で買えるおすすめラブドール

25万円前後で買えるおすすめのラブドールを2つ紹介します。

Sanhui Doll 08/身長145cmシームレス/バストCカップ

Sanhui Doll 08/身長145cmシームレス/バストCカップ

2010年に設立されたSanhui Dollのシリコン製リアルドールです。

日本から輸入された高品質の医療用グレードのプラチナシリコンで制作されており、人体の細部まで忠実に再現をしています。

ブランドSanhui Doll
肌の色ナチュラル
素材シリコン
身長145cm
胸のサイズCカップ

WAXDOLL 19/身長155cm/バストEカップ

WAXDOLL 19/身長155cm/バストEカップ

WAXDOLLは、中国広東省を本拠地とするラブドールメーカーです。

シリコンヘッド+TPボディEとフルシリコンがあり、フルシリコンでは美女から一般女性的、熟女的なヘッドまで揃えています。

精巧かつ表情豊かな、フルシリコンドールの開発に軸を置いているメーカーです。

ブランドWAXDOLL
肌の色ライトブラウン
素材シリコン
身長155cm
胸のサイズEカップ

価格が50万円以上のラブドール

最後に紹介するのは50万円以上するハイエンドクラスのラブドールです。

50万円以上するようなラブドールはメイクのグラデーションがすごく細かく、ミドルクラスのラブドールとは全然違います。

手もスーパーリアルメイクで綺麗にメイクされていたり、指がワイヤーではなく関節で動くという細かい作りも驚かされます。

言葉で説明するよりも映像を見てもらった方が早いです。下記の動画は高級ラブドールメーカーの人造人(RZRDOLL)の開封動画です。↓

※この動画には年齢制限が設けられており、YouTube でのみご視聴いただけます。

50万円以上で買えるラブドールの3つの特徴
  • リアルなメイクがボディ全体に入っている
  • 鎖骨や手がもちもちで柔らかい
  • 指がワイヤーではなく関節

50万円以上で買えるラブドールメーカー(フルシリコン製)
  • 人造人(RZRDOLL)
  • オリエント工業
  • 4woods

【参考記事】ラブドールメーカー完全比較!【一覧表付き】

【参考記事】人造人科技(RZRDOLL)の購入方法!おすすめラブドールを紹介!

50万円以上で買えるおすすめラブドール

最低でも50万円以上はかかる、ハイエンドクラスのラブドールを紹介します。(上記で紹介したラブドールメーカーの中でも、とりわけ高い商品を紹介します。)

人造人 ノリカ(165cm/Dカップ)

人造人 ノリカ(165cm/Dカップ)

まずは、人造人(RZRDOLL)のリアルドールです。

NLSで販売されているリアルドールでは一番高い839,850円です…

値段相応の作りで、人間と見間違える程の肌の質感、色味、全身に透ける血管の表現など細部の造形にこだわり抜いた一つの芸術作品です。

ブランド人造人(RZRDOLL)
肌の色ナチュラル
素材シリコン
身長165cm
胸のサイズDカップ


【参考記事】人造人科技(RZRDOLL)の買い方、おすすめラブドールを紹介!

オリエント工業 やすらぎ艶

日本で最も有名のラブドールメーカーであるオリエント工業です。

「やすらぎ艶」は、モデルから直接型取りしたラブドールで、身長が大きく豊満で肉感的に再現された完成度が高いリアルドールです。

お値段はオプション無しでも 772,750円(税込)と高額ですが、必ず満足できる代物です。

ブランドオリエント工業
肌の色ナチュラル
素材シリコン
身長162cm
胸のサイズFカップ

まとめ:ラブドールの値段はどれぐらい?【価格別の特徴】

ラブドールの値段は、国産メーカーと海外メーカーでは値段が2倍以上違います。

  • 国産メーカー・・・平均66万円
  • 海外メーカー・・・平均25万円

このように安いラブドールを購入したいのであれば、海外メーカーが候補としてあがります。


さらに、値段を大きく左右する要因として挙げられるのが”素材”です。

基本的には、「シリコン製」と「TPE製」の2種類がラブドールの素材として有名です。

シリコン製の方が高額で、TPE製の方が低額です。

≫ シリコン製とTPE製の違いとは?メリット・デメリットも紹介!


フルシリコンのラブドールが購入したいのであれば、およそ25万円以上のラブドールから購入することが可能です。

10万円前後で買える安めのラブドールは、「TPE製」「海外メーカー」という特徴があります。


エロ仙人
エロ仙人

10万円前後で買える「TPE製」「海外メーカー」のラブドールを購入したいのであれば、JP.SEXYSEXDOLL という通販サイトをおすすめします。TPE製のお手頃価格のラブドールを豊富に取り扱っています。


当サイトでは JP.SEXYSEXDOLL で使える限定クーポンもあります!ぜひ、この機会に利用してみてください。

>>当サイト限定クーポン配布中<<

JP.SEXYSEXDOLLでは当サイト限定のクーポン
erosennin】を購入前に入力すれば5%割引に!

※有効期限は1か月なのでお早めに!

当サイト限定クーポンコード:【erosennin

クーポンを使って5%割引でお得に購入!

【参考記事】JP.SEXYSEXDOLLの評判は?注意点なども徹底解説!

【参考記事】ラブドールを通販で買うならおすすめはココ!

sexymalenaの特典バナー
スポンサーリンク
A10ピストンSAA10サイクロンSAプラス
スポンサーリンク
A10サイクロンSAプラス
【ココでしか手に入らない!】 ラブドール代理店で使える超お得な限定クーポンまとめ
今すぐ限定クーポンをゲットする!
【ココでしか手に入らない】ドール代理店クーポンまとめ!
今すぐ限定クーポンをゲットする!
タイトルとURLをコピーしました