≫ 【激安】ラブドールを5万円以下で買う方法をこっそり教えます!

ラブドールのあらゆる種類について解説!【用途・素材・人種・形状・ホール・ヘッド・体型】

ラブドール種類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • 等身大やトルソーなど、ラブドールの形状は何種類?
  • ラブドールの用途には、どのような種類があるの?
  • TPEやシリコンなど、素材の種類を知りたい
  • アジア系や欧米系など、人種の種類を知りたい
  • 細身や小さめなど、体型の種類を知りたい
  • ラブドールのホールは何種類?
  • ラブドールのヘッドはどんな種類があるの?

当記事では上記のような、ラブドールの”種類”にまつわるお悩み・疑問にお答えします。


ラブドールは多種多様で素材や用途、形状などさまざまな種類が存在します。

ラブドール初心者の方にとって、ひじょうに複雑で頭が混乱してしまうほどの情報量があります。


当記事では、とくに知っておかなければいけない7つの項目の種類をピックアップして解説します。

ラブドールの知らないといけない7つの種類
  1. 用途の種類
  2. 形状の種類
  3. 体型の種類
  4. 人種の種類
  5. 素材の種類
  6. ホールの種類
  7. ヘッドの種類

上記の7つは、ラブドールを購入する予定の方は必ず知っておくべき情報です。



この記事を読むことでラブドールで重要な7つの種類に関して、カンタンに理解することができます。


エロ仙人
エロ仙人

この記事を書いた私は、アダルトショップで12年間働いていた経験があります。
私自身もラブドールも所有しているラブドール愛好家です。当サイトではラブドールに興味がある方に向けて、ラブドールに関する情報を日々発信しています。

ラブドールの知らないといけない7つの種類

ラブドールでとくに重要である7つの種類について詳しく解説します。

用途の種類

ラブドールの用途と聞いて真っ先に思い浮かぶものと言えば「セックス」でしょう。


しかし、ラブドールはセックスだけが用途ではありません。


写真撮影や観賞用、愛玩(可愛がること)として使っている方も多くいます。

もしあなたが、「観賞用にラブドールを買うのは変かな?」と、不安に思っているのであれば、安心してもらえればオッケーです。なにも、おかしなことはありません。


また、性欲を満たして欲しいと思っている人は男性だけではありません。女性も同じです。


ラブドールには女性用(男性型)ラブドールというのも存在します。


ゲイの男性の方にも人気があるようです。詳しくはこちらの記事を参考にしてください↓


【参考記事】女性用(男性型)ラブドールはどこで買える?メリット・デメリット、注意点も!


用途の種類
  • セックス
  • 写真撮影
  • 観賞用
  • 愛玩(可愛がること)
  • 女性が求める癒し(男性型ラブドール)

形状の種類

ラブドールの形状は大きくわけて4つあります。

形状の種類
  • 等身大(全身)
  • トルソー(胴体だけ)
  • おしりだけ
  • 下半身だけ(腰から足まで)


等身大だけではなく、身体の一部のラブドールも販売しています。

トルソー型のラブドール(YL製)

等身大と比較して、体の一部だけのラブドール価格が安い」「取り回しがしやすい」「掃除がしやすい」「隠しやすい」などのメリットがあるのでオススメです。


身体の一部のラブドールのメリット
  • 価格が安い
  • 取り回しがしやすい
  • 掃除がしやすい
  • 隠しやすい

体型の種類

ラブドールのサイズは65cmのミニドールから170cmの高身長ドールまでサイズは様々です。


もちろん、65cmのミニドールでも挿入することは可能です。


エロ仙人
エロ仙人

別記事で紹介していますが、65cmのミニドールは5万円以下で買えるので、かなりお手ごろなんです。

ミニドール65cm
六野製65cmのミニドール


【参考記事】5万円以下でも買える!?ラブドールの値段の相場をこっそり教えちゃいます!


体型もスリムからぽっちゃりまで幅広くあります。


同様に、おっぱいのサイズも貧乳から巨乳まで取り扱っています。

あなたの好みにあったドールを選ぶことが可能です!


体型の種類
  • 身長は65cmから170cmまで取り扱っている
  • 体型はスリムからぽっちゃりまで様々
  • おっぱいも貧乳や巨乳も揃っている

人種の種類

ラブドールの人種も黒人、白人、ヒスパニック、アジア人など様々です。


アジア人以外のラブドールに興味がある方は海外のメーカーに目を向けると良いでしょう。

こちらの記事で海外のメーカーの比較をしていますので、参考にしてみてください。


【参考記事】海外メーカー、日本製(国産)メーカー全25社を徹底比較!


他にも、ロリ系ラブドール獣系ラブドールアニメ系ラブドールAV女優をモチーフにしたラブドールなどバリエーションはかなり豊富です。


人種の種類
  • 黒人
  • 白人
  • ヒスパニック
  • アジア人
  • アニメ系

素材の種類

ラブドールの素材には、”TPE””シリコン”の2種類の素材が最もメジャーです。


TPEとシリコンの違い↓

シリコン製TPE製
価格高い安い
重さ軽量長身タイプや爆乳タイプはかなり重い
臭いあまりしない臭いを気にする人もいる
柔らかさ柔らかいかなり柔らかい
伸縮性伸縮性は高くなく、バンザイ不可伸縮性があり、バンザイしても脇が割りにくい
メンテナンスメンテナンスメーカーが豊富メーカーが少なく、自力でメンテナンスをする
耐久性高い低い
清潔感汚れを落としやすい汚れやホコリが付きやすい


エロ仙人
エロ仙人

1番大きな違いは”価格”でしょう。

ラブドールを安く購入したいのであればTPE一択です。


素材の種類
  • TPE
  • シリコン


TPE・シリコンに関する素材の比較は『ラブドールのシリコン製とTPE製の違いとは?【素材比較】』という記事で詳しく述べています。気になる方は参考にしてください。

ホールの種類

ラブドールのホール(挿入部)には一体型着脱(分離)式の2種類あります。


一体型着脱(分離)式の違いについて具体的に紹介します。

一体型

一体型とはラブドールの股間部分がそのまま挿入部分となっていることです。

一体型の方が、よりリアルなセックスを楽しめることができます。

しかし、デメリットとして性行為をした後は毎回ラブドールを洗わなければいけません。

ラブドールはかなり重たいので、ラブドールを洗う作業は大変です…

また、人によってアソコの感度やサイズは違うので、ホールが合わないとドールを変えない限り、ずっと同じ挿入感に我慢しなければいけません。

メリット・リアルなセックスが楽しめる
・ラブドールの造形がリアル
デメリット・掃除が大変
・アソコの締まりが合わないことがある


着脱(分離)

一体型がドール本体とホールが一体(くっついている)なのに対して、着脱(分離)式とはホール部分をドール本体から取り外しが可能なタイプです。

そのため、清掃は一体型と比較して格段とラクです。

また、着脱(分離)式の方がホールを温めやすい点もあるので、ホールを温めたいという方には着脱(分離)式の方がオススメです。

ホールは自由に選べるので、感度やサイズなど自分にあったホールをチョイスできます。

デメリットを挙げると、一体型の方がビジュアル面でリアルに見えるので、着脱(分離)式は見た目では劣ります。

さらに、ホールを入れているのでプレイ中にズレたりして一体感を感じないこともあります。(※一部のメーカーは専用オナホールでズレない工夫もされている)

メリット・掃除が楽
・ホールを温めやすい
・ホールを自分好みにチョイスできる
デメリット・ビジュアル的にはリアルさがかける
・ホールによってはプレイ中にズレることがある



エロ仙人
エロ仙人

『ホールの一体型と着脱(分離)式の違いとは?』で一体型の掃除方法を紹介していますが、一体型の掃除はかなり大変です…

【参考記事】ラブドールのホール一体型と着脱式の違いとは?メリット・デメリットも


ホールの種類
  • 一体型
  • 着脱(分離)式

ヘッドの種類

ラブドールのヘッド

ラブドールのヘッドは”取り外しが可能なタイプ””ヘッド一体型(シームレス)”と呼ばれる2種類のタイプがあります。


現在では、取り外しが可能なタイプがもっともメジャーです。


両者のメリットは以下のとおりです。

取り外しが可能なタイプのメリット
  • ラブドールの着替えがラクになる
  • 気分によって顔を変えることが簡単にできる


ヘッド一体型(シームレス)タイプのメリット
  • ヘッドが外れることがないので雰囲気を保ちやすい
  • お風呂で洗う際、ヘッドのジョイント部分への浸水を心配する必要がない


ヘッドの種類
  • 取り外しが可能なヘッド
  • ヘッド一体型(シームレス)

まとめ:ラブドールの種類について詳しく解説!

当記事では以下、7つのラブドールの種類について詳しく紹介しました。

ラブドールの知らないといけない7つの種類
  1. 用途の種類
  2. 形状の種類
  3. 体型の種類
  4. 人種の種類
  5. 素材の種類
  6. ホールの種類
  7. ヘッドの種類

用途、形状、体型など、ラブドールにはさまざまな種類があることがわかりました。

エロ仙人
エロ仙人

ラブドールを購入する前に、当記事で紹介した様々なラブドールの種類について理解しておきましょう!


女性用(男性型)ラブドールはどこで買えるの?詳しく説明!
女性用(男性型)ラブドールはどこで買えるのか、おすすめの通販サイトを紹介しています。Karendoll、Yourdollについての詳細や口コミ等についても理解できます。また、女性用(男性型)ラブドールのメリット、デメリットについても初心者向けに話しています。
ラブドールの値段はどれぐらい?価格帯別の特徴も教えます!
ラブドールの値段はどれくらいするのか知りたい方に向けてラブドールの値段の相場を当記事では紹介しています。ラブドールの値段は、国産メーカーと海外メーカーではどれくらい違うのか、TPEとシリコンではどれくらい違うのか、価格帯別の違いや特徴も述べています。
ラブドールメーカー25社を完全比較!【一覧表付き】
ラブドールを製造しているラブドールメーカーを一覧表にしてわかりやすくまとめました。オリエント工業や4woodsなどの人気国内ラブドールメーカーについても解説しています。また中国のwmdollやアメリカのreal dollについても解説しています。
ラブドールのシリコン製とTPE製の違いとは?【素材比較】
ラブドールを購入するにあたって重要ポイントとして、”素材”があげられます。素材の中でも特にシェアが高いのがシリコン製とTPE製の2つです。この2つの特徴やメリット・デメリットなどを知らない方は多くいるかと思います。そこで当記事ではその特徴を分かりやすく比較しました。
ホールの一体型と着脱(分離)式の違いとは?【ラブドール】
ラブドールのホールには一体型と着脱(分離)式の2種類があります。一体型と着脱(分離)式の違いについてよく理解していない初心者の方は多いかと思います。そのような初心者の方に向けて、一体型と着脱(分離)式の違いについて当記事では詳しく紹介しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アダルトグッズのNLS

【NLSリアルドール売れ筋ランキング】

リアルドール

オーソドックスなリアルドールで、リアルドール入門者におすすめです!

愛梨(あいり)135cm、優花(ゆうか)145cm、美琴(みこと)153cm、香鈴(かりん)165cmの4種類あります。

XYcolo DOLL 04(身長170cm/Bカップ)

XYcolo DOLLは、15年以上のドール開発・製造経験を持つプロフェッショナルが集い「ドールに魂を」のスローガンを掲げ、2018年中国・北京市においてを立ち上げられた低価格・高品質のシリコンドールブランドです。

ぷちドール 65cm

気軽にアナタの自宅にお招きねき出来る低身長のドールです!
「ラブドールを置くスペースがない」「10万円以下のラブドールが良い」という方にピッタリです。

タイトルとURLをコピーしました